雷魚編

日本産淡水魚・熱帯魚編

Raigyo Homepage

日本産淡水魚・熱帯魚編 - Episode

ハイフィンレモンペコルティア  Baryancistrus demantoides

ハイフィンレモンペコルティア  <i>Baryancistrus demantoides</i> 写真のハイフィンレモンペコルティアとビッグスポットファンシーペコルティアHypancistrus inspectorは入居から一週間、トリートメントタンクを経て小型プレコ水槽に無事デビューと成りました。ハイフィンレモンの個性的な体色、ファンシーペコの美しいスポット 別室 に魅せられ導入に踏み切った次第です。 更新日付:2017.05.28

グレイトリムプレコ  Leporacanthicus joselimai 

グレイトリムプレコ  <i>Leporacanthicus joselimai</i>  滅多に顔を出すことのない写真のグレイトリムですが、水槽メンテナンスのタイミングでその成長振りを確認している次第です。タイミングによって体色が濃いとき薄い時があるのですが、写真はホワイトトリムっぽい色合いで普段はこちら 別室 の風合いです。  更新日付:2017.05.21

ブラックテトラ  Gymnocorymbus ternetzi

ブラックテトラ  <i>Gymnocorymbus ternetzi</i> 入居から5ヶ月目のブラックテトラ。10匹の幼魚にお出でいただいたのですが個体差もあり写真の個体はようやく2㎝程で大勢の3分の2と云ったところでしょうか。魚自体 別室 はコロンビアレッドフィンと並び丈夫な種類で今後も繊細な管理は必要ないと考えております。現在はダイヤモンドブルーアカラやサーペ、ラミレジィと云った強豪との混泳ながら共存性にも支障なく推移しております。華やかな体色ではありませんが黒のグラデーションとカラシン体型が気に入っております。 更新日付:2017.05.14

ブロンズプレコ  Chaetostoma sp

ブロンズプレコ  <i>Chaetostoma sp</i> 90㎝規格水槽2本と120㎝規格水槽にそれぞれ一匹づつ配備したブロンズプレコ 別室 ですがいづれの個体も思惑通りの働きぶり且つ成長振りに感謝している次第です。成長に伴って彼らはブルドックに顔付が似てくるのが何ともユニークで可愛らしい存在です。活動的な版面、記念撮影にも好意的で意外に強健な小型プレコと云ったところでしょうか。 更新日付:2017.05.07

ダルマプレコ  Parancistrus aurantiacus

ダルマプレコ  <i>Parancistrus aurantiacus</i> 流木とシェルターはプレコ達の格好の住処ではありますが各個体の観察には少々厳しい面があります。週末のメンテナンスでは毎回全ての流木を取り出し膨大とも言える排泄物処理を行なった後、タイミングで見計らって個体状況を確認しております。今のところさすがにセルフィンの成長スピードを上回る個体は居ませんがスネイクスキンやブッシープレコの成長にも目を見張るものがあります。写真のダルマプレコ 別室 は入居当初からすればずいぶん恰幅よく成長されました。たまに流木の隙間から顔を出すタイミングに記念撮影をと考えているのですが、意外にチャンスに巡り合わないのが残念です。 更新日付:2017.04.30

セルフィンプレコ  Glyptoperichthys gibbiceps

セルフィンプレコ  <i>Glyptoperichthys gibbiceps</i> セルフィンプレコセルフィンプレコ 別室 その凄まじい食欲は短期間内に体長に比例し他のプレコの追随を許さないと云ったところでしょうか。給餌時のセルフィンは真っ先に他のプレコを寄せ付けない威嚇攻撃で空腹を癒やし殆どの餌を貪る勢いですが、水槽内の流木の数を増やし重なり合った隙間に落ちた餌が小型プレコ達にも充分いきわたるようにしております。
    更新日付:2017.04.23

ブラックテトラ  Gymnocorymbus ternetzi

ブラックテトラ  <i>Gymnocorymbus ternetzi</i> 入居から半年と成ったブラックテトラ 別室 ですが成長に伴って黒い部分が退色し文献通りにグラデーションが薄くなって参りました。もちろん私の大好きなパクー体型が変わることはなくそのうち全身がシルバー色に変われば小型ミロソマ的な風貌に成られるのでしょうか。 更新日付:2017.04.16

ブロンズプレコ( Bulldog pleco )   Chaetostoma spp. 

ブロンズプレコ( Bulldog pleco )   <i>Chaetostoma spp.</i>  プレコの魅力は迫力、美しさ、可愛さ、希少性と千差万別ですがユニークな風貌と仕草と云えばこのブロンズプレコ 別室 のポイントは高いと思われます。写真の個体は成長に伴ってブルドッグの風貌が板に付き少々飽食が過ぎるようにも思われます。飽食と云えば私の管理下では過去にお付き合い頂いたプレコ(ロイヤル系は飼育実績なし)の主食として沈下性の顆粒餌を与えておりますが、今のところ趣向違いで餌付かなかった個体もなくこちらのブルドックも例外ではありません。 更新日付:2017.04.09

コロンビアレッドフィンテトラ   Hyphessobrycon colombianus

コロンビアレッドフィンテトラ   <i>Hyphessobrycon colombianus</i> 小型テトラと水草水槽に導入した10匹のコロンビアレッドフィンテトラ 別室 は2ヶ月経過した現在、全員が順調に成長され美しさと相まって存在感が大きく成って参りました。入居当初は地味だった彼らも文字通りの赤いヒレがとってもフォトジェニック。 更新日付:2017.04.02

ダイアモンドブルーアカラ   Aequidens pulcher var.

ダイアモンドブルーアカラ   <i>Aequidens pulcher var.</i> ダイアモンド(コバルト)ブルーアカラ 別室 は小柄ながらシクリッドらしい硬派な出で立ちが魅力的でフォトジェニック。人にもよく慣れるので給餌はスムーズで今のところ比較的気性の荒い連中との混泳もストレスなく推移しております。  更新日付:2017.03.26