雷魚編

日本産淡水魚・熱帯魚編

Raigyo Homepage

日本産淡水魚・熱帯魚編 - Episode

エンゼルフィッシュ  Pterophyllum scalare var.

エンゼルフィッシュ  <i>Pterophyllum scalare var.</i> 最近ショップでエンゼルフィッシュのXLサイズを見掛ける機会が増えました。完成されたフォルムと迫力ある魚体はとても魅力的です。私の管理下のエンゼル 別室 はまだまだそのサイズまでとなると暫く掛かりそうですが、若魚のみずみずしさを楽しんでいる次第です。 更新日付:2018.04.01

オレンジプレコ  Pseudacanthicus spinosus

オレンジプレコ  <i>Pseudacanthicus spinosus</i> 以前にもお話しましたがプレコ水槽のレイアウト変更により彼らの記念撮影が増えました。その加減で闘争が増えたのか減ったのかは知る由もありませんが、今のところ体勢に影響は少ないものと思われます。写真のオレンジプレコ 別室 は水槽前面がテリトリーなのか成長スピード、体色の変化等の把握が楽になりました。 更新日付:2018.03.25

シルバーシャーク  Balantiocheilos melanopterus

シルバーシャーク  <i>Balantiocheilos melanopterus</i> このところ精悍さを増したシルバーシャーク。美しいシャープでスリムなスタイルのまま別室 成長を続けていただきたいものです。1,800 水槽の面々には給餌は一日1回、人口飼料のみで量的にも極力抑えておりますが、少量でも栄養価が高いのか、その成長振りには驚かされます。 更新日付:2018.03.18

トリム系プレコ  Pseudacanthics cf .spinosus × Pseudacanthicus sp. cf.leopardus

トリム系プレコ  <i>Pseudacanthics cf .spinosus × Pseudacanthicus sp. cf.leopardus</i> プレコ水槽のレイアウト変更により小型プレコ以外のツワモノプレコ達の撮影が容易に成りました。写真のハイブリッドプレコは掛け合わされたオレンジフィンレオパートトリムプレコ Pseudacanthicus sp. cf.leopardus とオレンジプレコ Pseudacanthicus spinosus の特徴を顕著に受け継いだユニークな存在で、オレンジプレコ 別室 は入居当初のグレーっぽい体色が次第にオレンジ掛かりこの先の飼い込みでどう変化するのか楽しみにしております。 更新日付:2018.03.11

スポッテッドナイフフィッシュ  Chitala ornata

スポッテッドナイフフィッシュ  <i>Chitala ornata</i> 単独水槽のナイフフィッシュ 別室 は入居から 6ヶ月。体長 23 ㎝ だった彼も現在 35 cm 。いつの間にか用意した塩ビ管(写真)も窮屈と成り最近は殆ど姿を隠すこともなく成りました。大きい塩ビ管も検討したのですが手ごろなサイズのものが見つからず現在に至っております。成長に伴って水槽内に配置する隠れ家自体も彼の活動範囲が狭くなるため撤収する方向で検討中です。 更新日付:2018.03.04

エンゼルフィッシュ  Pterophyllum scalare var.

エンゼルフィッシュ  <i>Pterophyllum scalare var.</i> ブラックエンゼルは熱帯魚の魅力である美しい体色を欠くある意味、異端児なのかも知れません。古くからベーシックな存在として根強い人気のブラックエンゼルですが、成長に伴ってシルエットの美しさが色彩が少ない分 引き立ってリーズナブルで美しいエンゼルです。レオパードエンゼル 別室 はお洒落な体表が魅力でとってもフォトジェニックな存在。良友、私の管理下ではエンゼルの魅力を際立たせる立役者でもあります。 更新日付:2018.02.25

ダルマプレコ  Parancistrus aurantiacus

ダルマプレコ  <i>Parancistrus aurantiacus</i> トリム系のツワモノプレコの陰に隠れてこの中では温厚派のダルマプレコ 別室 何といってもスピリッツの効いたコスチューム(体表)と出で立ちが魅力でとってもフォトジェニック。ブロンズプレコと並んで私の中では外せないプレコの仲間です。 更新日付:2018.02.18

スポッテッドナイフフィッシュ  Chitala ornata

スポッテッドナイフフィッシュ  <i>Chitala ornata</i> 当然とは云うものの単独水槽のナイフフィッシュ 別室 は、プレコ混泳水槽の個体と比較した場合、成長スピードも早く恰幅も堂々として参りました。給餌は朝のみでキャット10~15粒を味わう暇もなく平らげるのが日課に成っております。 更新日付:2018.02.11

ビッグスポットファンシー ペコルティア  Hypancistrus inspector

ビッグスポットファンシー ペコルティア  <i>Hypancistrus inspector</i> 普段はめったに姿を見せない彼女 別室 ですが、スポットが体色に映えて非常に美しいプレコです。ツワモノ揃いの荒いプレコ水槽にあって唯一和み系の美種と云ったところでしょうか。  更新日付:2018.02.04

トランスルーセントグラスキャットフィッシュ  Kryptopterus bicirrhis

トランスルーセントグラスキャットフィッシュ  <i>Kryptopterus bicirrhis</i> 群泳が映えるグラスキャット 別室 ですが現在は2匹で寄り添いながら「友泳」と云ったところでしょうか。最大でも10㎝前後の小型種ながら透明な体が神秘的でインパクトの大きいナマズです。これで5~60㎝に成長するナマズであれば少々不気味ではありますが・・・。 更新日付:2018.01.28