雷魚編

日本産淡水魚・熱帯魚編

Raigyo Homepage

日本産淡水魚・熱帯魚編 - Episode

キャリコ和金  Carassius auratus auratus  ID 2571

キャリコ和金  <i>Carassius auratus auratus</i>  ID 2571 先週の大和郡山行脚で、キャリコ和金 別室 にお出でいただきました。
トリートメントを終えて1200mm 規格水槽に無事にデビューした彼女達はしばらく振りの食事に先住者に負けない食べっぷりです。 更新日付:2015.01.12

和金  Carassius auratus auratus  ID 2568

和金  <i>Carassius auratus auratus</i>  ID 2568 現在、1200mm 規格水槽は和金中心の長物メンバー構成となっております。
写真の素赤和金は 23cm。 別室 の更紗和金は25cm。今年は貫録ある大柄な和金を中心にバリエーションの充実をはかりたいと考えております。 更新日付:2015.01.04

朱文金  Carassius auratus auratus  ID 2565

朱文金  <i>Carassius auratus auratus</i>  ID 2565 トリートメントを終えた大和郡山産の朱文金ですが、デビュー当時の弥富産の朱文金とは少々趣が異なります。
今後は成長に伴って個々の産地別での朱文金の違いを楽しみたいと考えております。弥富産朱文金の当歳魚 別室 は、私くしの金魚水槽の新人王と云ったところでしょうか。 更新日付:2014.12.29

朱文金  Carassius auratus auratus  ID 2562

朱文金  <i>Carassius auratus auratus</i>  ID 2562 1200mm 規格水槽の朱文金 別室 は弥富を尋ねた時の個体です。
半年余りで幼魚から若魚に成長した彼女は和金達に紛れても美しい体色とモザイク柄がとっても素敵です。
大好きな朱文金、今回は大和郡山で彩の豊富な個体を選別して着ました。
トリートメント水槽でデビュー待ちの彼女達、俊敏で美しい泳ぎを楽しみにしております。 更新日付:2014.12.21

東ジャンボ獅子頭  Carassius auratus auratus  ID 2559

東ジャンボ獅子頭  <i>Carassius auratus auratus</i>  ID 2559 東ジャンボ獅子頭 別室 は入居以来3か月、コンディションを崩すこともなく順調に推移しております。
暫くの間、和金・朱文金の居る1200規格水槽で過していただきましたが、現在は桜ブリンストル・ジャンボオランダ(若魚)と彼女の3匹が90㎝水槽で混浴中です。
今のところお互いの相性に問題もなく、のんびりとした時間が流れています。 更新日付:2014.12.14

らんちゅう  Carassius auratus auratus  ID 2556

らんちゅう  <i>Carassius auratus auratus</i>  ID 2556 入居からいろいろと水槽間の移動を行い、試行錯誤を繰り返しながらようやく落ち着いたスペースにお暮しいただけるようになった「らんちゅう」別室 諸氏。
週末にのんびりとした彼らの仕草を眺めていると睡魔に見舞われそうになる程ゆったりした気分に浸れます。 更新日付:2014.12.07

らんちゅう水槽  Carassius auratus auratus  ID 2553

らんちゅう水槽  <i>Carassius auratus auratus</i>  ID 2553 ぽこぽこと投げ込みフィルターの心地よいリズムが、私のらんちゅう達 別室 にはお似合いでしょうか。
のんびりとした「らんちゅう」の動きを観ているとウィークデーの喧騒が嘘のように泡となって消えていくようです。 更新日付:2014.11.30

キャリコピンポン  Carassius auratus auratus  ID 2550

キャリコピンポン  <i>Carassius auratus auratus</i>  ID 2550 この時期、紅葉を思わせる配色のキャリコピンポン 別室
ひと夏を過ごされた彼女は、和金や朱文金のように目に見えるような成長振りこそ感じられないのですが、持ち前の可愛いキャラで私を和ませてくれます。
記念撮影にもたいへん協力的で彼女の写真がいつの間にか整理が追い付かなくなるほどの膨大なデータと成っております。 更新日付:2014.11.24

朱文金  Carassius auratus auratus  ID 2547

朱文金  <i>Carassius auratus auratus</i>  ID 2547 この夏入居の「朱文金」はご覧のように立派な若魚 別室 に大変身です。
以前にもお話しましたが、体色は単色グレー1色の個体を選別したかったのですが、写真でもお分かりに成るようにグレー基調ではありますが、ところどころにアクセント色が施されております。
今はまだシャープな体型が魅力の朱文金ですが、この先貫録ある個体に成長していただきたいものです。 更新日付:2014.11.16

らんちゅう水景  Carassius auratus auratus  ID 2544

らんちゅう水景  <i>Carassius auratus auratus</i>  ID 2544 普段は水槽で眺める「らんちゅう」を楽しんでおりますが、品評会など太陽の光の中で観る「らんちゅう」はまた違った趣で、のびのびと美しく輝いているようです。
立派に育てあげられた「らんちゅう」別室 はそれ自体がアートでありフォトジェニック。
目の覚めるような紅葉が訪れるまでの間、ここしばらくは「らんちゅう」の美しさに堪能していると云ったところでしょうか。 更新日付:2014.11.09