雷魚編

日本産淡水魚・熱帯魚編

Raigyo Homepage

日本産淡水魚・熱帯魚編 - Episode

スポッテッドナイフフィッシュ  Chitala ornata

スポッテッドナイフフィッシュ  <i>Chitala ornata</i> 写真の個体は戦々恐々のプレコ水槽で混泳中、片や単独水槽で悠々自適のサラブレッド 別室 (笑)現在のところは成長スピードも恰幅も良好なのは単独水槽の個体です。いずれも最終的には1,800水槽と1,200水槽に移行する事を前提に調整中です。 更新日付:2018.05.13

シノドンティス  Synodontis sp.

シノドンティス  <i>Synodontis sp.</i> ナマズ目サカサナマズ科シノドンティス属 。行き付けのショップから写真のシノドンティス 別室 にお出でいただいてから 9ヶ月が経ちましたが、今だ正体不明。私の管理水槽では水草(アヌビアス ナナ)の葉の裏が定位置で、あちらの水草、こちらの水草と移動を繰り返しておられます。体表、各鰭に細かいスポットが入るシノドンティスは、少ない文献の情報の中ではシノドンティス オベススSynodontis obesusに酷似します。オベススであれば 30~40cm と大型に成ることから将来的にインフラ調整が必要です。 更新日付:2018.05.06

エンゼルフィッシュ  Pterophyllum scalare var.

エンゼルフィッシュ  <i>Pterophyllum scalare var.</i> 写真のブルーゼブラダイヤモンドエンゼルは入居から半年、幼かった彼女も水槽にも馴染まれて美しい若魚に、方やシルバーエンゼル 別室 は1年半を経て立派な成魚に成長されました。当初、2匹でお出でいただいたシルバーエンゼルは2~3回の産卵後にどちらかが原因不明で召されてからは写真の個体のみとなりました。 更新日付:2018.04.29

レモンフィンカイザープレコ(レモンハイフィン)  Baryancistrus demantoides

レモンフィンカイザープレコ(レモンハイフィン)  <i>Baryancistrus demantoides</i> 先週お話したブルーフィンプレコと双璧を成すレモンフィンカイザープレコ 別室 ですが、こちらもプレコの中では数少ないフォトジェニックな存在で美しいプレコです。 更新日付:2018.04.22

ブルーフィンプレコ  Hemiancistrus subviridis

ブルーフィンプレコ  <i>Hemiancistrus subviridis</i> 滅多に水槽の前面に出てこないブルーフィンプレコ 別室 ですが、非常にフォトジェニックなプレコです。私の管理下での成長も決して早くなく忘れかけるほど記念撮影も少ないのが残念ではありますが、その美しさはプレコの中でもトップクラス。 更新日付:2018.04.15

エンゼルフィッシュ  Pterophyllum scalare var.

エンゼルフィッシュ  <i>Pterophyllum scalare var.</i> 写真のレオパードエンゼルフィッシュ 別室 は入居当初のツートンカラーから頭部が黄色く成り、トリコロールの装いです。この先どう云った変化を見せていただけるものか楽しみではあるのですが、私くし的には入居当初のシャープな色合い、シルバーとアンバーブラックのグラデーションが気に入っていたのですが…。 更新日付:2018.04.08

エンゼルフィッシュ  Pterophyllum scalare var.

エンゼルフィッシュ  <i>Pterophyllum scalare var.</i> 最近ショップでエンゼルフィッシュのXLサイズを見掛ける機会が増えました。完成されたフォルムと迫力ある魚体はとても魅力的です。私の管理下のエンゼル 別室 はまだまだそのサイズまでとなると暫く掛かりそうですが、若魚のみずみずしさを楽しんでいる次第です。 更新日付:2018.04.01

オレンジプレコ  Pseudacanthicus spinosus

オレンジプレコ  <i>Pseudacanthicus spinosus</i> 以前にもお話しましたがプレコ水槽のレイアウト変更により彼らの記念撮影が増えました。その加減で闘争が増えたのか減ったのかは知る由もありませんが、今のところ体勢に影響は少ないものと思われます。写真のオレンジプレコ 別室 は水槽前面がテリトリーなのか成長スピード、体色の変化等の把握が楽になりました。 更新日付:2018.03.25

シルバーシャーク  Balantiocheilos melanopterus

シルバーシャーク  <i>Balantiocheilos melanopterus</i> このところ精悍さを増したシルバーシャーク。美しいシャープでスリムなスタイルのまま別室 成長を続けていただきたいものです。1,800 水槽の面々には給餌は一日1回、人口飼料のみで量的にも極力抑えておりますが、少量でも栄養価が高いのか、その成長振りには驚かされます。 更新日付:2018.03.18

トリム系プレコ  Pseudacanthics cf .spinosus × Pseudacanthicus sp. cf.leopardus

トリム系プレコ  <i>Pseudacanthics cf .spinosus × Pseudacanthicus sp. cf.leopardus</i> プレコ水槽のレイアウト変更により小型プレコ以外のツワモノプレコ達の撮影が容易に成りました。写真のハイブリッドプレコは掛け合わされたオレンジフィンレオパートトリムプレコ Pseudacanthicus sp. cf.leopardus とオレンジプレコ Pseudacanthicus spinosus の特徴を顕著に受け継いだユニークな存在で、オレンジプレコ 別室 は入居当初のグレーっぽい体色が次第にオレンジ掛かりこの先の飼い込みでどう変化するのか楽しみにしております。 更新日付:2018.03.11