雷魚編

日本産淡水魚・熱帯魚編

Raigyo Homepage

日本産淡水魚・熱帯魚編 - Episode

エンゼルフィッシュ  Pterophyllum scalare var.

エンゼルフィッシュ  <i>Pterophyllum scalare var. </i> いつの間にかエンゼルフィッシュに魅せられ1800水槽をエンゼルパラダイス(笑)にする構想に向けて調整中です。今のところベーシックなエンゼル 別室 から始めてバリエーションを徐々に拡大し将来的に繁殖まで手掛けたいと考えております。殆どのショップで出会える機会の多いエンゼルはワイルド個体を始めブリードされたミックスなども魅力的でマニアックなショップはもちろんそれ以外でも「一期一会」を楽しんでいる次第です。 更新日付:2017.08.20

スポッテッドナイフフィッシュ  Chitala ornata

スポッテッドナイフフィッシュ  <i>Chitala ornata</i> 以前から興味のあった古代魚、ナイフフィッシュ 別室 (アロワナ目ナギナタナマズ科)をショップで見掛けたのでお出でいただく事にしました。体長23㎝とまだまだ幼魚ではありますが、美しい出で立ちをしておられます。唯一、私にとって難点は人口餌に餌付いていないことで、ショップスタッフからこのサイズではいきなり人口餌に慣れる事はないのでメダカ、赤虫から徐々に始めるようご教示を頂いていたのですが、生き餌は一切与えないと覚悟を決めてキャットと金魚の餌、マリンフードを毎日消灯前に投入し翌朝、食べ残した餌を取り出すと云う事をひたすら2週間繰り返しました。さすがにもう無理(最悪は餓死・・・)かと半分諦めかけていた矢先に一念が通じたのか突然、キャットを食べ出し胸を撫で下ろした次第です。一旦、人口餌に慣れると今までの絶食が嘘のように食い付いておられます。 更新日付:2017.08.13

ゴールデンエンゼルフィッシュ  Pterophyllum scalare var.

ゴールデンエンゼルフィッシュ  <i>Pterophyllum scalare var.</i> 新水槽(1,800×600×600mm)は小・中型魚をメインに混泳にストレスの少ない顔ぶれでスタートする事にしました。当初は大型魚(シルバーアロワナ、レッドテールキャット等)も検討していたのですが、日毎に増す彼らのエネルギーはいずれどこかのタイミングで持て余しそうで、それならより多くの比較的協調性に富むメンバーで楽しもうと考えた次第です。写真のゴールデンエンゼルフィッシュ 別室 はベーシックなエンゼルで美しい体色がとても魅力的です。 更新日付:2017.08.06

ヨロイナマズ  Hoplosternum tboracatum

ヨロイナマズ  <i>Hoplosternum tboracatum</i> 暫くお邪魔していなかったショップで珍しくヨロイナマズ 別室 を見掛けたので衝動飼いしてしまいました。トリートメントを終え1200規格水槽でプレコとの混泳からスタートです。10日経過した時点で特にこれと云った問題もなく推移しております。ナマズと云えば魅力的でダイナミックな大型種はインフラを考えた場合どうしても多頭匹飼育では窮屈なので大人しい小型~中型ナマズを1800水槽で混泳させる予定で現在調整中です。 更新日付:2017.07.30

オレンジトリムプレコ  Pseudacanthicus spinosus

オレンジトリムプレコ  <i>Pseudacanthicus  spinosus</i> 日増しに増加傾向にあるプレコ水槽では未だご紹介していない個体もあるのですが・・・。その中で直近入居のオレンジトリムプレコ 別室 はトリートメントを終え、まずは暫くテトラ水槽に。私の管理下の水質と給餌メニューに充分馴染まれたところでつわもの揃いのプレコ水槽にデビューの段取りで調整中です。このオレンジトリムは数ヶ月前からショップで気に成っていた個体で縁あって今回導入を決めた次第です。 更新日付:2017.07.23

レモンフィンカイザープレコ(レモンハイフィン)  Baryancistrus demantoides

レモンフィンカイザープレコ(レモンハイフィン)  <i>Baryancistrus demantoides</i> ゴールデンブルーフィンプレコ Hemiancistrus subviridis と色柄がよく似ていて当初は違いが判らなかったのですが文献に依れば背鰭と脂鰭の間隔が空いているのがゴールデンブルーフィンプレコで写真のレモンフィンカイザープレコ(レモンハイフィン)別室 は背鰭と脂鰭がつながっていて背鰭も大きく尖っているので判別が可能です。レモンハイフィンの名前でショップからお出でいただき現在約10㎝ですが、水槽管理下でどこまで成長が期待できるのでしょうか。非常にきれいな色柄と体型をしておられます。 更新日付:2017.07.16

セルフィンプレコ  Glyptoperichthys gibbiceps

セルフィンプレコ  <i>Glyptoperichthys gibbiceps</i> 私の管理下のプレコは概ね幼魚もしくは若魚からのお付き合いで成長スピードも決して早くはないのですが、さすがにセルフィンプレコ 別室 だけは幼魚からみるみる間に25㎝に。サタンプレコの40㎝オーバーにまで成長されるには今しばらく掛かるとは思われますが、トレードマーク大きく広げた自慢のセルフィンはとってもフォトジェニック。 更新日付:2017.07.08

エンゼルフィッシュ  Pterophyllum sp

エンゼルフィッシュ  <i>Pterophyllum sp</i> プレコ水槽の脇役として当初からエンゼルフィッシュ、ダイアモンドブルーアカラ 別室 等にお出でいただいているのですが、いずれの個体も順調に成長を遂げられ今では準主役のポジションと云ったところでしょうか。まぁプレコの場合、活動時間が夜という事もあり昼夜において主役が入れ替わると云うほうが適切かもしれません。深夜の状況は把握できておりませんが、今のところ問題なく混泳が成立していると思われます。 更新日付:2017.07.02

ペルーキングオブギャラクシートリムプレコ  Pseudacanthicus sp

ペルーキングオブギャラクシートリムプレコ  <i>Pseudacanthicus sp</i> シュードアカンティクス属。 入居以来8カ月経過した現在、10㎝前後 別室 と私の管理下において成長は今のところスローモーと云ったところでしょうか。いくつかの文献に見るキングオブギャラクシーに比べてスポットが少ないように思うのは産地の違いなのでしょうか。 更新日付:2017.06.25

オレンジフィンレオパードトリムプレコ  Pseudacanthicus sp. cf.leopardus

オレンジフィンレオパードトリムプレコ  <i>Pseudacanthicus sp. cf.leopardus</i> 写真のレオパード 別室 は現在18㎝。先週ご紹介したオレンジトリムとレオパードのハイブリッドとはずいぶんと趣が違います。どちらも流木やプレコハウスがお気に入りで、めったにお目に掛かれないのが残念なのですが、美しい体色が非常にフォトジェニックなプレコで大変気に入っております。  更新日付:2017.06.18