雷魚編

日本産淡水魚・熱帯魚編

Raigyo Homepage

日本産淡水魚・熱帯魚編 - 淡水魚話

2019.10.20  Thoracocharax stellatus

2019.10.20  <i>Thoracocharax stellatus</i> 10月第3週  今週初めより水槽部屋は暖房基調で推移しております。つい最近まで水替え時は浄水器に水道水をそのまま給水しておりましたが現在は給湯機の出番と成りました。
写真のトラコハチェットですが文献に寄るとハチェットフィッシュの中では最大種のようです。
実はトラコハチェットに限らずハチェットとは今までお付き合い頂いた事がないので詳細は理解しておりません(爆)
水槽上層部に常に居られるので飛び出さないようにと水替時もなるべく蓋をするようにしております。その独特なフォルムから生まれる泳ぎはトビウオのイメージで羽ばたいているようにも見えます。 更新日付:2019.10.20

2019.10.13  Mikrogeophagus ramirezi var.

2019.10.13  <i>Mikrogeophagus ramirezi var.</i> 10月第2週  今週末は台風一過と成りました。
先週のコバルトブルーラミレジイに続いて久しぶりに写真のドイツラムにお出で頂きました。
まだまだ幼魚ですがこれからどのような変化を魅せて頂けるのか楽しみにしております。
ドワーフシクリッド、ラミレジイの世界も一旦脚をを踏み入れるとその美しさに魅了され続けるアクアリストは少なくありません。  更新日付:2019.10.13

2019.10.06 Puntius filamentosus

2019.10.06 <i>Puntius filamentosus</i> 10月第1週  今週も朝晩の冷え込みと日中の寒暖差の大きい日が続き、この時期の水温管理にもエアコンが重宝しております。
写真のプンティウスフィラメントーススはスリランカ原産のプンティウスで成長しても精々4~5㎝くらいかと思いお出で頂いたのですが、後日 調べた文献によると12~13㎝と云う事で90cm規格水槽に5匹は少々、多過ぎたかと・・・。
現在入居から7ヶ月。オスの個体は半年目くらいから徐々に背ビレの伸長が始まり更に飼い込むと体色も鮮やかな美しさが楽しめるようです。
水槽内は非常に活動的かつ俊敏で撮影には手こずっております(笑) 更新日付:2019.10.06

2019.09.29  Cichlasoma citrinellum x Cichlasoma synspilum

2019.09.29  <i>Cichlasoma citrinellum x Cichlasoma synspilum</i>  9月第5週  いつの間にか9月も今日を入れて2日と成り 初秋の心地よい風は季節を少しづつ前に進めてくれます。
私の管理下にあるパロットシクリッドはブロードパロット・キングコングパロット・ブルーゼブラパロットと今回、お出で頂いたスノーホワイトパロットの4種類です。5~6㎝ 程の幼魚の間は流木やシェルターなど物陰に隠れている事が多いのですが、10㎝も超えてくると存在感も増し水槽内を悠々と闊歩しておられます。
あの愛らしい顔付を観ているととてもアロワナとも混泳が可能なツワモノとは思えないのですが・・・。 更新日付:2019.09.29

2019.09.22  Cichlasoma citrinellum x Cichlasoma synspilum

2019.09.22  <i>Cichlasoma citrinellum x Cichlasoma synspilum</i> 9月第4週  先週に引き続き連休の週末と成りました。
水槽メンテナンスと記念撮影を早めに済ませてショップ回りも良いのですが、1800水槽(現在スポットナイフ単独)以外の水槽はほぼ満員御礼と成っております。
現在、キングコングパロットはブロードパロット(写真には写っていませんが・・・)と共にプレコ水槽で混泳中です。
他のシクリッド達とはスムーズに混泳が成立しているのですがゴールデンアルジイータ(現在12㎝)とは相性が悪いようでけっこう激しく争っておられます。    更新日付:2019.09.22

2019.09.15  Chitala ornata

2019.09.15  <i>Chitala ornata</i> 9月第3週  今週は一旦初秋の心地よさを味わった身体には厳し過ぎる「猛暑日」にも見舞われまだまだ残暑から抜け出せないと云ったところでしょうか。
1800水槽のナイフフィッシュは今だ単独で写真のようにのんびりと毎日を過ごしておられます。
将来的にオキシドラス・オーネイトキャットとの混泳も計画しているのですがサイズ的なバランスを考えると早くても数年先に成ると思われます。 更新日付:2019.09.15

2019.09.08  Hypancistrus sp.

2019.09.08  <i>Hypancistrus sp.</i> 9月第2週  9月入り快晴の週末はまだまだ残暑が厳しく初秋の味わいは今しばらくお預けと云ったところでしょうか。
1200 規格水槽(エンゼルフィッシュ・グーラミィ・テトラ混泳水槽)に写真のキングロイヤルペコルティアを導入致しました。
隠れ家兼シェルター代わりにベアタンクの底面いっぱいに小型の流木を20~25個転がして様子を見ていると気に入って頂けたようで小型プレコならではの美しさと愛らしさを堪能しております。
    更新日付:2019.09.08

2019.09.01  Pterophyllum scalare var.

2019.09.01  <i>Pterophyllum scalare var.</i> 9月第1週  9月に入り朝晩はずいぶん涼しく成って参りました。
夕暮れの開け放った窓からは心地よい風に乗って秋の虫達の高い声色が初秋の雰囲気を運んできてくれます。
さてエンゼルフィッシュとグーラミィを中心とする1200規格水槽はメンバー的には大幅な変動は無いもののしっかりとこの夏に飽食を楽しまれた分いつの間にか水槽が手狭に感じられるように成りました。
写真のマーブルエンゼルは 5㎝ に満たなかった幼魚から予想以上のスピードで今では水槽内エンゼルの最大サイズに。 更新日付:2019.09.01

2019.08.25   Trichogaster leeri

2019.08.25   <i>Trichogaster leeri</i> 8月第4週  8月も後半に差し掛かり一時の茹だるような暑さも落ち着きをみせ朝晩は過ごしやすくなって参りました。
魚達にとっては高水温の厳しい状況は継続中とは云うものの徐々に好転傾向と云ったところでしょうか。
写真のパールグーラミィ(♂)はこの夏に体表の美しさが一気に開花、1200水槽(エンゼル・グーラミィ・テトラ)の賑やかさに拍車を掛けて頂いております。   更新日付:2019.08.25

2019.08.18 Phenacogrammus interruptus

2019.08.18   <i>Phenacogrammus interruptus</i> 8月第3週  今週も先週に引き続き残暑は厳しかったものの、盂蘭盆会の法要が終わり地蔵盆が近づいてくると隆盛を誇った夏も後半を迎えます。
夏休みの間は魚達のインフラ整備を楽しむ傍ら、ニューフェイスのオキシドラス・ダイヤモンドテトラ・インパクティス ケリーを各水槽に配置致しました。
ちなみにオキシドラスはいずれ1800水槽に落ち着くとして当面 人口飼料に餌付くまでは60㎝規格水槽で単独飼育。
ダイヤモンドテトラ・インパクティス ケリーはエンゼル・グーラミィ水槽(1200規格水槽)に落ち着きました。
写真の個体はアフリカンカラシンのコンゴーテトラ。現在はプンティウスフィラメントースス、レッドライントーピードの俊敏組メンバー(90㎝規格水槽)にあってその淡い体色の美しさを堪能させて頂いております。 更新日付:2019.08.18