雷魚編

日本産淡水魚・熱帯魚編

Raigyo Homepage

日本産淡水魚・熱帯魚編 - 淡水魚話

2017.06.25 Peckoltia sp

2017.06.25  <i>Peckoltia sp</i> 6月第4週  週末は久しぶりに梅雨空となり蒸し暑さのなか近所のショップへプレコ探索に出掛けました。プレコの場合、待ってましたとばかり水槽の前面で歓迎してくれる個体もなく、通常は流木やプレコハウスに隠れている個体をスタッフに探し出してもらいながらいろいろなエピソードに耳を傾けるのが常となっております。写真のペコルティア属、タイガープレコはバリエーションも豊かで気に入った個体も多いのですが、ご多聞にもれず一旦水槽に放すとなかなか顔を見せて頂けないのが残念です。 更新日付:2017.06.25

2017.06.18 Brochis splendens

2017.06.18  <i>Brochis splendens</i> 6月第3週  梅雨入り後に雨が降らない事は過去に幾度も経験しておりますが、確かに暑いけれど酷暑にまではとどかず、朝晩と云えば比較的過ごしやすい、この時季の微妙なタイミングが何となく得をした気分に成ります。エメラルドの体色がお気に入りのブロキススプレンデンスはプレコ水槽に総勢6匹。2~3㎝の幼魚からいつの間にか体高も増して存在感が出て参りました。 更新日付:2017.06.18

2017.06.11 Pseudacanthics cf .spinosus × Pseudacanthicus sp. cf.leopardus

2017.06.11  <i>Pseudacanthics cf .spinosus × Pseudacanthicus sp. cf.leopardus</i> 6月第2週  今週は近畿地方も梅雨入りとなり気分的には湿っぽいイメージですが連日の豪雨と云う事でもなければ酷暑に向けてのウォーミングアップと云ったところでしょうか。写真のプレコはオレンジプレコとオレンジフィンレオパートトリムとのハイブリッド。入居から半年、滅多にシェルターから出る事がないので記念撮影も殆ど出来なくて残念な思いをしております。普段は行くことのないホームセンター(熱帯魚コーナー)片隅のシェルターに潜んでおられるところを偶然見つけ出してきた次第です(笑) 更新日付:2017.06.11

2017.06.04 Parancistrus aurantiacus

2017.06.04  <i>Parancistrus aurantiacus</i> 6月第1週  6月に入り最初の週末は晴天の初夏を思わせる天候と成りました。今週は水槽メンテナンスを終えて久しぶりに大和郡山に出掛けましたが目的は金魚だけではなく現地でしか購入の難しい餌の調達です。写真のダルマプレコは滅多に記念撮影には応じていただけないのですが、ずんぐりとした体型が魅力的でお気に入りのプレコです。 更新日付:2017.06.04

2017.05.28 Trichogaster trichopterus var.

2017.05.28  <i>Trichogaster trichopterus var.</i> 5月第4週  5月も残すところ数日と成り今週末は梅雨入り間近の貴重な快晴と云ったところでしょうか。写真のゴールデン・グーラミーもまたプレコ水槽の上層部要員。こちらはセルフィンプレコ・スネイクスキンプレコと云った中型プレコの水槽でエンゼルフィッシュ、ダイヤモンドブルーアカラとの混泳中です。ラビリンスフィッシュである彼らは改良品種であり養殖個体、オレンジの体色が成長に伴い貫録を増した分、重厚に感じられます。 更新日付:2017.05.28

2017.05.21 Mikrogeophagus ramirezi var.

2017.05.21  <i>Mikrogeophagus ramirezi var.</i> 5月第3週  5月も後半に入り今週末は初夏を思わせる陽気と成りました。ここ暫く新メンバーの導入が無かったのですが久しぶりに2匹のプレコ(ビッグスポットファンシーペコルティア・ハイフィンレモンペコルティア)にお出でいただき現在はトリートメントタンクでデビュー待ちと云ったところでしょうか。写真のドイツラムはプレコ水槽(90㎝規格水槽)上層部でブラックテトラ10匹・サーペ2匹と混泳中、適当な距離感がお互いのテリトリーを犯す事がないのか今のところ穏やかに混泳が成立致しております。 更新日付:2017.05.21

2017.05.14  Hypostomus sp

2017.05.14   <i>Hypostomus sp</i> 5月第2週   今週末は雨模様から徐々に回復し穏やかな小春日和となりました。週末の水槽メンテナンスはプレコ水槽(90㎝規格水槽2本)に重点を置き念入りに行いました。普段は流木に隠れていて姿を見せない面々の成長に驚かせられながら彼らの魅力を再認識した次第です。 更新日付:2017.05.14

2017.05.07  Hyphessobrycon erythrostigma

2017.05.07   <i>Hyphessobrycon erythrostigma</i> 5月第1週  大型連休も最終日を迎え2回目の更新と成りました。今週の水槽メンテナンスではプレコ水槽を大型種と小型種を90㎝2本に振り分け過密化対策とした次第です。いずれにしても写真のサーペはプレコ水槽上部層要員の位置づけで美しい体色がとても素敵です。 更新日付:2017.05.07

2017.04.30  Glyptoperichthys gibbiceps

2017.04.30   <i>Glyptoperichthys gibbiceps</i> 4月第5週  大型連休前半、早々に魚達のメンテナンスを終え観察と記念撮影を楽しんでおります。朝晩はまだ肌寒さを感じるものの日中は小春日和の穏やかな週末と成りました。さてプレコ水槽では20cmオーバーと成ったセルフィンが水槽の三分のニを埋め尽くす流木をかき分けかき分け餌を頬張り、小型のプレコ達は凶暴なセルフィンになるべく出くわさずに流木とプレコハウスのシェルターに身を隠し飽食を楽しんでおられます。 更新日付:2017.04.30

2017.04.23  Balantiocheilos melanopterus

2017.04.23   <i>Balantiocheilos melanopterus</i> 4月第4週  4月も後半を迎え、春の訪れを告げる桜の隆盛は儚くそれはまるで短い夢のようです。シルバーシャークは幼魚2匹を同時にお出でいただいたのですが成長スピードに差があるのは雌・雄の違いなのでしょうか。シャープで美しい流線型はとってもフォトジェニック。 更新日付:2017.04.23